中国生活ナビ

中国の公用語

こんにちは、「中国生活ナビ」です。

 

2008年夏季オリンピックは北京で開催される事で著名ですが、そのためもあり今後中国生活を考えられている方も多くいるかと思われます。

 

中国といえば大変広大な国なのでに、やっぱり言語もたくさんあるみたいですが、公用語は、国民の大多数である漢族の「漢語」だそうです。

ところが、この多数民族の言語「漢語」も北方方言、上海周辺の呉語、福建語、客家語、広東語などの方言があり、それぞれの言葉は会話が成り立たないくらい異なるそうです。

そして中国生活の際など、街中では英語はさほど通じないそうです。

 

中国にある多くの方言、北京語、広東語、上海語、福建語などさまざまで、地方の人同士などが会話を成立するために使用するのが「通常話」だそうです。

「通常話」とは、要するに標準中国語で、外国から見ての「中国語」としているもののことだそうです。

 

それでは、その「通常話」の会話例ですが、はい/いいえ「シー/ブーシー」、あります/ありません「ヨウ/メイヨウ」、こんにちは「ニーハオ」、ありがとう/ごめんなさい「シェーシェー/ドゥイブチ」、なぜ「ウェインモ」、私は日本人です「ウォーシーリーベンレン」、トイレはどこですか「ツォースオザイナーリ」、これはいくらですか「ジェガドウシャオチエン」、天安門へ行きたいんですが「ウォーヤオチューティエンアンメン」などがあります。

 

また、これはいくらですか「デゥショチェン」、空港はどこにありますか「ジチャンザイナリ」、タクシーの基本料金はいくらですか「ツゥツォチェチブジァシドォショ」、病院に連れて行ってください「チンダイドイイエンリライ」、国際電話をかけたいんですが「シアンダグォジチャンツ」などもあります。

 

カタカナで見るだけではなかなか分かりにくいかと思われますので、1度漢字、カタカナ併せて中国語を調べたり、もっとしっかりと用意をしておきたい方などは日本で中国語の会話を習いに行ったりしておくと中国生活がより違った物になると思います。