中国生活ナビ

中国のコンビニ

こんにちは、「中国生活ナビ」です。

海外生活をした際など、やっぱり自分の住んでいる国との違いに色々と目が行く事も多いと思われます。
街並みなどでは歴史的な景観は勿論、飲食ショップ等にも目が行くと思います。

今回は海外の中でも、夏季オリンピックを控える中国についてその街並みの一部について見て行きたいと思われます。

中国生活をする際、例としては深夜等にどうしても必須な物を購入したい場合などが出てくるとするのです。
日本に住んでいる場合はやっぱりこの様な時コンビニが便利なためはと思われますが、中国のコンビニ事情とはどのようになっているためしょうか。

中国の中でも、北京、上海、広州等には日系のコンビニが進出しているそうです。
おでんや弁当類など日本でも馴染み深い食品が豊富なことからも評判は高いようです。
中国系のショップも都市部で増加しているそうですが、地方都市などではまだ数は少ないようです。

コンビニの中でも、ローソンは上海で約300ショップ展開しており、ファミリーマートは上海で約100ショップ、今後広州にも出店予定だそうです。
セブンイレブンは北京に約40ショップ、広州にもショップがあるそうです。
中国系のコンビニには、「快客」というものがあり北京、上海とその周辺地域に多数出店しているそうです。
そして北京には「好隣居」「物美」「万方便利」、上海には「好徳」「可的」「良友」「C−STORE」など約4000ショップの中国系コンビニがあるそうです。

中国生活をする際など、日本系のコンビニで日本との違いを確認してみたり、中国系のコンビニに試しに入ってみたりというのも面白い事なためはと思われます。
ところがコンビニというと日本の印象もあり、少し風情がない気もするのですが、便利さといえばコンビニですので、生活の楽しみにもなってくるとよいと思われます。