中国生活ナビ

中国の鉄道

こんにちは、「中国生活ナビ」です。

海外を生活したい場合、移動手段というのも事前に調べて行くと現地での苦心が減りそうなもんですが、海外生活の中でも2008年夏季オリンピックでも注目の中国、今後中国生活を考える人などが増加するとされていますが、中国生活の際の移動手段といえば鉄道があると思われます。

中国の鉄道は総路線距離65000km以上と、日本では考えられないような乗車時間が必須になります。
それは中国の誇りでもありますが、現在では目的地まで必須以上の時間がかかることや、インフラの未整備の未解決などの問題も指摘されているそうです。
ところが逆に高速列車の存在や、諸外国人が関心を示すような蒸気機関車の存在は中国鉄道ならではの特徴です。

中国鉄道は中央の鉄道部を中心に、全国にいくつかの鉄路局を運営しているそうですが、中国鉄道は事前に知っているのといないのではかなり苦心に差がでるそうなため、事前の下調べが大変重要なようです。

中国の鉄道は日本とは違い、全座席指定席であることや簡単に駅のホームに入れない事などから、簡単には乗れないそうです。

とにかく手持ちの中国生活ガイドブック、ウェブなどで何処に行くのか目的地を選びます。
目的地、乗車する列車がいくらか絞れたならば切符の購入です。
可能であればホテルに入っている生活会社に購入を頼む事が一番なようです。
中国の駅の切符売り場は常に混んでいて治安も良くないそうです。
また1時間待っても買えませんでしたという事もありえるそうです。

生活会社に頼めば手数料は取られますが、時間の節約になります。
日本でもいくつかの生活会社が中国鉄道の切符を扱っていますが、中国価格の2〜6倍ほどかかってしまうそうです。
色々お勧めもありますが、中国語に自信のある方などは自力で駅に行って購入と言う事でも問題はないそうです。

無事切符を手に入れたならば、できれば発車1時間前くらいに駅に行く事がお勧めされていますが、駅に着いてからも日本の鉄道とは違う点が色々と出てくるみたいです。

今回は中国生活の際など、最初て中国鉄道を活用する場合の日本との違いを紹介してきましたが、切符の購入のみについてでしたので、実際鉄道を活用したい方は是非事前に下調べをしておくと色々と便利になってくるのではと思われます。