中国生活ナビ

中国のトイレ事情

こんにちは、「中国生活ナビ」です。

海外生活、2008年は夏季オリンピックなどが開催される事もあり、中国生活に評判が出てきそうですが、中国生活に限らず海外に行く際、忘れていそうで大事な事の一つにトイレ事情なんていうのもありそうです。

まず初めにトイレ事情が分かりそうなのが空港のトイレですが、空港のトイレというのは国の中でも整備がきちんとされているというイメージなため、空港のトイレの整備の程度で国内のトイレの事情も垣間見えそうだとも思います。

そこで今回は、今後生活者が増えそうな、中国、中国生活の際に役立ちそうなトイレ事情を少し見て行きたいと思われます。

「中国のトイレはドアがない?」などという事をよく耳にするようになるのが中国トイレ事情らしいんですが、実際、鍵が壊れたドア、壊れた後誰も治さないドア、とトイレに日本のようにきちんとドアがついている事は少ないそうです。
大都市の北京や上海でも、外資系デパート、高級ホテルを除くと心おきなく入れるトイレはかなり少ないようです。
街の公衆トイレは、決して綺麗ではないうえに使用料(日本円で3〜5円)が取られるそうです。
トイレや水道の水が流れないということもざらにあるそうです。
トイレットペーパーは勿論殆どのトイレにないためポケットティッシュも必需品だそうです。

大変著名な世界遺産の万里の長城、入り口付近等にトイレがありますが、決して整備はされていませんでした。
勿論ポケットティッシュは必需品です。

それでは、外出中にどうしてもトイレに行きたくなった場合どうしたならば良いのでしょうか。
そんな時一番よいのはマクドナルドなどのファーストフードショップのトイレを借りる事だそうです。
中国ではトイレのためだけにショップに入る事は当然の事でもあるらしいです。
ところがそれらのショップもない田舎等に行く際はいくらかの我慢は必須になってくるみたいです。
ドアだけではなく屋根もしきりも壁もないトイレ、屋外の壁際をビニールシートで覆っただけのトイレなどもありえるそうです。

ここまで中国のトイレ事情を見てみると、中国の印象を悪くしてしまった様にも思えますが、このようなトイレ事情は中国の人にとってはあたりまえで、「日本人が知らない人同士銭湯等に入る方がおかしい」という事も中国では聞くそうです。

日本のトイレを印象してトイレを探すとなかなか苦心しいような感じですが、中国らしいトイレというのもよい土産話等になる可能性もあるとも思います。