中国生活ナビ

タクシー事情

こんにちは、「中国生活ナビ」です。

バスや地下鉄なども勿論ありますが、それらの交通機関がまだまだ不便ともいえる国が中国です。
それでは中国生活の際等にはどんな交通機関が便利かというと、やっぱりまず第一にタクシーなためはと思われます。
現地の人もタクシーを大変よく活用するそうなため、その台数もかなり多いようです。
乗り方は日本と同じで「空車」ランプがついたタクシーなら手を上げて止め、メーターを倒して発車ですが、日本とは違う点もたくさんあるそうです。

北京では初乗りは一律10元/3kmだそうです。
深夜、早朝は割り増し料金で初乗り11元/3kmとなっています。
100元札で支払おうとするとおつりを持っていない事が多い為、両替などが必須になってきます。

2005年頃から、殆どのタクシーが韓国の「ヒュンダイ」というものに変わったそうですが、昔からのシトロエンタクシーという赤いタクシーも走っているそうです。
2006年から初乗り一律2元/kmになり、新車でも古い車でもすべて同じ料金となっているそうです。
サービス面で人気のよい会社が「首汽」と「漁陽」という大手だそうです。
新車も多く取り入れているそうです。
北京のタクシーマナーは悪くて著名でしたが、近頃はだいぶ回復も見られるみたいです。
また北京では、助手席に座ると話し掛けてくる運転手も多いそうです。
出身地や国の習慣に関する質問などをされると思います。

北京のタクシーのメーターは「往返(往復)」「単程(片道)」2種類の計算方式があるそうで、「往返」はいくら走っても加算%は変化しないんですが、「単程」は、15kmを経過した場合以後50%の割り増し料金になるそうです。
これは時間とガソリン代が必須になってくることからの割り増し料金なようです。

タクシーに乗ったならばまず目的地を告げますが、住所さえわかっていれば確実に目的地につけるとは限らないようです。
北京ではまず目印になるビル名、「三環路の●●出口」というような環状線の出口を告げ、目的地に近くなったならば道案内をするのが一般のようです。
著名な観光地などなら問題ありませんが、それ以外の場所に行きたい場合は土地勘も必須となってくるみたいです。
一番確実なのは、目的地の明記された地図を運転手さんに見せる事なようです。
北京でタクシーを活用する際は、あらかじめ下調べをしておく事が大事なようです。

今回は北京のタクシー事情を見てきましたが、上海などではまた違ったタクシー事情があるようで、同じ中国でも都市によって事情が変わってくるみたいです。