中国生活ナビ

北京のスイーツ

こんにちは、「中国生活ナビ」です。

中国生活、2008年夏季オリンピックを控えている事もあり今後注目される生活ではと考えるんですが、中国に限らずどこを生活するにあたっても楽しみな事の一つに食事があると思われます。
そして食事の中でもその後に食べるデザート、これも楽しみな事の一つなためはと思われます。

中国のスイーツといえば、杏仁豆腐、ゴマ団子、マンゴープリンなどが思い浮かびそうですが、中国ではこれらをティエンピンと呼ぶそうです。
これらのスイーツは日本でも中国料理ショップなどで手軽に食べられそうですが、本場中国ではどうかというと、実際は「食後のデザート」という習慣がない為一般的には果物などが出てくるだけだそうです。

ところが、スイーツがどうしても食べたい場合などは、スイーツはスイーツだけで美味しいショップを探せばよいようです。
今回はオリンピックの開催でも注目な北京のスイーツを見て行きたいと思われます。

美味しいマンゴープリンを楽しめるのが、本場マカオ・香港からやってきた「東方大班」というショップだそうです。
サッパリしたプリンのなかに熟した甘いマンゴーの実が入り、ちょっと大きすぎるかも、くらいのボリュームがあり味にも量にも満足できそうです。
このマンゴープリンは著名過ぎるためメニューには載っていないそうですが、注文すれば楽しめるそうです。

そして次に見て行きたいのが、北京のスイーツ「ナイラオ」で、このスイーツは南羅鼓巷という通りにある「文宇?酪ショップ」というショップがお勧めだそうです。
このスイーツは白いお茶碗に、牛乳、砂糖、米酒を混ぜ固めた物で、酸味の弱いヨーグルトといような味だそうです。
添加物の加えられていない安心のできるスイーツでもあるそうです。
もともと遊牧民族の「満族」が作っていたこのスイーツは、清の頃には宮廷料理だったそうです。
そしてこのショップの同じく乳製品を使用したナイジゥエンという餡子入りのロールケーキも美味しいそうです。
味は小豆餡入りのレアチーズケーキ風だそうです。
ショップのスイーツは家族で手作りしていて、テイクアウトもできるそうです。

今回はふたつのスイーツのショップを見てきましたが、広い北京ですのでほかにも美味しいスイーツのショップがたくさんありそうです。
偶然見つけたショップで美味しいスイーツを発見、などという事もあると思います。
北京、中国生活、食事に美味しいスイーツは付きませんがスイーツはスイーツで探すのが正解なようです。