中国生活ナビ

万里の長城

こんにちは、「中国生活ナビ」です。

中国で何より著名な世界遺産といえば万里の長城があるのではと思われます。
中国生活などの際に訪れるスタンダードの場所でありそうでもありますし、勿論歴史の授業等でも必ず教科書に登場する遺産であるといえます。

万里の長城とは、中国の河北省山海関から甘粛省まで異たる352kmまでにおよぶ建造物です。

長城を作ったのは秦の始皇帝とされていますが、現在のような「万里の長城」ができたのは明代といわれています。
戦国時代から北方の異民族に対して長城を建設し始め、異民族対策以外にも、戦国七雄の国境にも長城が作られたそうです。
始めの頃の長城は土製であり、馬や人が乗り越えられない程度の高さの城壁だったようです。

現在は中華人民共和国政府が、重要な文化財として万里の長城を保護していますが、地元住民が家の材料としたり、観光客へ販売するために長城のレンガを持ち去ったり、長城がダム工事のために一部沈んだりもしているそうです。
長城周辺の省は中国の中でも最も貧しい地域の一つで、政府は対策に苦しんでいるそうです。

中国の、万里の長城以外の文化遺産には北京と瀋陽の明・清王朝皇宮、秦始皇帝陵、周口ショップの北京原人遺跡、三孔、武当山古建築、ラサのポタラ宮の歴史的遺産群、麗江古城、天壇、大足石刻、安徽省南部の古代集落群、龍門洞窟、雲同石窟、マカオ歴史地区、殷墟、開平望楼と村落などがあります。
そして自然遺産、複合遺産も数多くあり、中国生活の際等に歴史遺跡などを全て見ようと考えるとかなりの日数がかかりそうです。
広大な中国ですので、遺跡の一つ一つなどもかなり大きく見るのにも時間がかかりそうです。
万里の長城を始め世界遺産を見るためには中国生活の場合などは大まかでもよいのできちんと計画をたてて行く必須がありそうです。