中国生活ナビ

上海の食

こんにちは、「中国生活ナビ」です。

中国生活と言えば、現在は2008年の夏季オリンピックもあることからか北京が注目されそうですが、オリンピックを除いても注目できる都市の一つに上海があると思われます。
中国生活のスタンダードとも言えそうな上海、今回はその食に関する観光について見て行きたいと思われます。

食に関する観光、「上海美食巡り」というモデルプランですが、1日目はまず西安餃子楼で水餃子をリーズナブルに味わいます。
そして准海路を歩き新天地に向かい、新天地の新吉士で上海家庭料理を味わい、新天地でショッピングの後、中国デザートのショップでゴマを使ったおしるこ、甘いスープ、タピオカドリンクなどヘルシーなデザートが味わえます。
お勧めはマンゴーかき氷などの「変わりかき氷」だそうです。
そして親天地からタクシーで15分、王宝和酒家という上海ガ二の専門ショップ、老正興という上海料理の老舗に向かいこの日のプランは終了です。

そして2日目は、南京西路の避風塘で点心を、そして南京西路を散歩し、黄河路美食街という上海で著名な海鮮料理ストリートに入り、大富豪海鮮酒楼や大上海という海鮮レストランで食事を楽しみ、その後人民公園で休憩しタクシー移動の後、南翔饅頭ショップで小籠包を味わった後、上海老街を散歩しつつショッピングし、お終いに上海老飯ショップで上海料理を堪能するのです。

これらはほんの一つのプランですが、食べ歩きとまではいかなくとも、中国生活の際、自分で美食を楽しみたい場合など、ツアーなどのプランはショップ選びなどの参考にもなりそうです。