中国生活ナビ

上海観光

こんにちは、「中国生活ナビ」です。

2008年夏季オリンピックといえば中国の北京で開催されますが、北京以外にも注目できる都市がやっぱり中国にはたくさんあります。
北京オリンピックにあわせて中国生活をする人も増加し、北京のみならずその他の都市も中国生活のプランに組み込む場合も多いと思われます。
そこで今回は中国生活のスタンダードともいえる上海の観光について少し見て行きたいと思われます。

上海の観光と言っても、どの見せ場は数え切れないほどあります。
そこで今回は数え切れない見せ場スポットの中から特に数箇所に絞って観光スポットを見て行きたいです。

まず外灘ですが、ここは「中国の窓」とも言われる上海の玄関と呼ばれている場所だそうです。
南京条約で上海が開港後、各国の商社、銀行などが立ち並び「東方のウォール街」とも呼ばれるまでに繁栄しました。
中国が開放された後にも、これらの街並みは残され現在に至っています。
建造物は国の重要文化財に指定され、新古典主義、ネオ・バロック、アールデコなどの建築様式が融合しています。
建築物の美しさからその夜景も絶景なようです。

そして上海一の繁華街と言われる南京路ですが、ここは外灘の和平飯ショップから静安寺まで続く全長5.2kmの大きな繁華街だそうです。
古くからの百貨ショップや食品ショップを中心に、近代的なショップも入り混じる繁華街である「南京東路」と高級ホテル、ショッピングモール、お洒落なカフェ、レストランが並ぶ「南京西路」に分かれるストリートとなっているそうです。
南京東路などは大半が歩行者天国となっているそうです。

そして上海で話題を集めているスポットの一つが新天地です。
フランスの租界だった街並みをよみがえらせ、お洒落で高級感溢れるエリアとして注目をあびています。
石レンガ造りの建物のなかには、個性豊かな店などや、中国料理は勿論、フランス料理、日本料理、スペイン料理など世界各国の料理を楽しむ事ができるでしょう。
新しいショップも次々とオープンしており、映画館などの娯楽施設や百貨ショップも建設予定だそうです。
昼は勿論夜も風情のある場所とされています。

今回は比較的新しく、現代の上海を知ることのできるスポットを見てきましたが、もっと古く上海の歴史を知れるスポットなども勿論たくさんあります。
上海、中国生活のプランに組み込んでみるときっと良い旅になりそうだと思われます。