中国生活ナビ

生活の持ち物

こんにちは、「中国生活ナビ」です。

もうすぐ2008年夏季オリンピックも近づいてきて、い良いよ北京などが注目をあびる時期にもなってきました。
そんな中、海外生活というと中国に足を運ぶ人も増えてくるのではと思われますが、今回は中国生活、また中国生活に限らなくても参考になるかもしれないと思われますが、生活の際の持ち物の注意について見て行きたいと思われます。

とにかく貴重品ですが、第1に現金が必須です。
日本円が中国生活での両替に使用できるでしょうが、パキスタン、ロシア、モンゴルなどの中国以外の第三国に行く時には米ドルが便利です。
中国の通過の単位は人民元です。
そして現金の次にトラベラーズ確認です。
中国では日本円か米ドルがよいそうです。
そしてクレジットカード、通用する場所は限られていますが、買い物の清算やホテルで使用できるでしょう。
そして航空券とパスポートです。
パスポートは中国生活中唯一の身分証明証になります。

続いては身の回りの日用品などですが、髭剃りやくし、歯ブラシ、歯磨き粉、石鹸、シャンプー類、身体を洗うタオルなどが便利で、更にあると便利なものは、パスポートやトラベラーズ確認のコピーなどがあると再発行などが早くできるでしょう。
またクレジットカード、海外生活傷害保険の番号や有効期限、連絡先などをこれも紛失や盗難防止のために控えておくとよいようです。
また中国ではトイレには基本的に紙がないのでトイレットペーパーもあると便利だそうです。
そしてウェットティッシュ、耳栓、アイマスク、空気まくら、サングラス、帽子、日焼け止め、便座シート、ビニールシート、ビニール袋、紙封筒なども便利です。
またビーチサンダル、列車などで長距離移動する時やホテルの部屋で荷物を保管したいときに中を覗かれないようにする鍵、時計、電卓、筆記用具、メモ帳、クリアーファイル、テレフォンカード、中国の地図、ガイドブック、列車や飛行機の時刻表、携帯できる日中、中日辞典などがあると便利なようです。
なくても問題ない物は大きいカメラ、国際免許証、現地で手に入る物はフィルム、シャンプー、リンス、VCDプレーヤー、MP3CDプレーヤー、現地では入手が困難な物は、APSフィルム、DVビデオテープ、日焼け止め、売られている所が限られている物は、ウェットティッシュ、コンタクトレンズなどだそうです。

持ち物といってもほんの基本的な物以外は個人差があると思われますが、ほんの参考程度にあると便利な物などを見てきました。
さほど念入りに準備し過ぎても現地で簡単に手に入る物もたくさんあったり、中国生活や海外生活の楽しみの一つに日用品などを現地調達するなどという事もありそうですので、必須最低限の物を中心に準備していくと楽しみも残っていいと思います。